理解して欲しいSalesforceチャンネル

1つ1つの施策に対して費用対効果を求めてしまうと、PDCAがうまく回らないことがあります。そして、当初の計画は未達に終わるとともに、次回以降の計画は無難なものになってしまいます。

 

他の媒体の情報補完や営業活動の補助を目的としたWEBサイト・営業ツールなどは、反応すら計測することもできません。弊社クライアントも、1年以上の長期にわたってPDCAを行っている企業は成果を創出しています。

 

マーケティング活動の基本はPDCAサイクルを回すことにあります。toBの購買行動では企業を認知してから実際に購買行動に入るまでの期間が長く、効果測定が煩らわしいケースがあります。

 

その結果、無難な計画に対してリソースを割く意味を失い、PDCA活動自体を断念してしまうのです。このように考えると、マーケティング活動の効果測定は非常に難しく、効果が取れなければ、PDCAサイクル自体を回せません。

 

PDCAを回せば確実に改善が進んでいくことについては異論を唱える余地は一言ものの、いざ実行に移してみると上手く運用できないことがうんとようです。まず、計画はできる限り長期で考え、目標到達までの間に十分な検証・改善を行える状態を作ることです。

 

単発の施策に対して成果を追求しすぎてしまうことによって、「他施策との連結を無視してしまう」「失敗確率の最低無難な施策ばかり実行してしまう」などの問題が発生します。計画を立て、実行し、評価し、改善するというサイクルを気丈夫と回していくことで確実に改善がされていきます。